人気ブログランキング |

カテゴリ:フィンガーテク(カメ)( 106 )

美しい初冬の午後を


美しい初冬の午後を_c0132052_01194345.jpg




美しい初冬の午後を

暖かい人の手のような音楽と 
束の間の残った秋へのまなざし 
ME 忘れちゃいないよ




美しい初冬の午後を_c0132052_01200026.jpg





目を細め見続ける 紅からやがて土に還るであろう
木々のさやぎ と錆びついた鉄 



美しい初冬の午後を_c0132052_01430283.jpg

美しい初冬の午後を_c0132052_01200084.jpg
美しい初冬の午後を_c0132052_01425283.jpg
美しい初冬の午後を_c0132052_01200196.jpg


ミシミシ ぐらぐら ユラユラ
秋模様は心模様 吊られた橋を渡ってゆく
ちょっとした海峡横断
見えない先を感じるだけでも 
紅葉の効用も相俟って胸高揚



風が息をしている
耳たぶのそばで声をのせ 水を波たたせ
石と石を打ち合わせ 鼓動を大地に伝える




美しい初冬の午後を_c0132052_01430802.jpg




美しい幸せな気分と悪魔に取り憑かれたような現実が交差




美しい初冬の午後を_c0132052_01202636.jpg


夜よ明けるな いや明けてしまえっ 
今日が明日になって想い出にかわったよ
また来年会おう

I got the will
二○一九 秋旅。
奥多摩-山梨










by nishinihon-mandom | 2019-12-16 01:57 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)

流れているもの 作りたいもの 3

流れているもの 作りたいもの 3_c0132052_00101221.jpg



この一年で20000キロ走った。小さな小さなバンで。
繊細で 愛おしく 雨にも風にも負けず エアコンも効かず 寒さに耐え
幾つかの夜を共にして 夢を見た

これからも俺たちは自由だ
人に優しく
楽しむことを忘れずにね
ありがとう




by nishinihon-mandom | 2019-12-13 02:46 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)

流れているもの 作りたいもの 2

今年はありがとう
全国で再開 再会
支えてくれた方達に本当に感謝。

と 一昔前のつまんないブログ化w

記憶と記録はぼちぼちあげていきますねw


by nishinihon-mandom | 2019-12-13 00:13 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)

流れているもの 作りたいもの

西日本マンダムに流れている血のひとつ


石井啓介のおかげで 世界が広がる
頭が曲作りでいっぱいだ と言っても
最近は歌詞を作るのがまた好きになっているよ
音楽は楽しい 自由だ

また

カメ


by nishinihon-mandom | 2019-12-10 04:10 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)

高円寺ぶらぶら

高円寺ぶらぶら_c0132052_11132261.png



バンドなんて 心から一緒にやりたいっていう人が集まってはじめてバンドになるんじゃないかいな
なんて改めて思うよ 最初からじゃなくて 三回目からでも(ここにいたい)そう思えるようになったら
人生楽しくなる 自分たちの言葉をもつ音楽だとなおさら。

バクシス見てもそう思うよ。
稲生座っていう 一番高円寺らしい箱も



石井明夫BAND OF BAKSIS



まだ見ぬ夢 あしたの夢
石井明夫さん バクシス 稲生座 歌ってくれてありがとう

カメ

by nishinihon-mandom | 2019-11-22 04:37 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)

絶賛検査中!

2016年末から現在まで絶賛検査中!


絶賛検査中!_c0132052_256910.jpg




行く年来る年ベルトコンベア走ったり チャリ走ったり  おかげで膝に水がたまったり 
未来的マスクしたり 放射能注射したり 体中ストロー状態になったり
金が異常にかかることにびびったり それ故ギター手放したり
熱い先生ゆえ高名医師とやる気満々体育系医師との治療方針見解の喧々がくがくに巻き込まれたり 
若い医師は俺の病名にびびってしまったり ゆえ責任取りたくない的中途半端な運動検査になったり
何処行っても成人では最年少だったり 赤ちゃんを抱いたおとさんおかさんの心中を察したり
俺含めここにいるじじばばの命と交換してもいいから絶対生きてねと大胆単純に思ったり
命に関わるリアリティある疾患の病院スタッフは真剣だったり
故当然のごとく美人の看護師には見向きもされなかったり
診察待ち時間が6時間だったり その間外来患者さんが倒れてICU行きだったり
そりゃそうだよなと思ったり 高名な病院は向かないなと思ったり
右肩に50肩も併発してギターじぇんじぇん弾けなかったり
お金が必要な時に税金支払い差し押さえくらったり
年始大吉出たのに結局いまんところいいことはまったくなかったり


けどね バイクのるとね ふぅーって幸せな気分。

石井啓介に言われたよ「一病息災」だから頑張れって そう言い得て良い言葉だよ。
ありがと がんばります。

で じぇんじぇん元気なんでご心配なく!あくまでも今後の為の検査や治療なんす~

カメ
by nishinihon-mandom | 2017-02-07 03:20 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)

いろいろあった

そこんとこご無沙汰
西日本マンダムのエースボーカル カメです。

今年の三月末以来ひさびさに
西日本マンダムのとしてのステージに立ちます。
まずは本日の阿佐ケ谷天からスタートだ

孝喜はソウルフラワーユニオンで大阪公演のため都合がつかなかったのを
承知の上で申し訳ないけど今回はこのライブを入れたんだ。


いろんな事を知っている石井明夫が誘ってくれたからだ。

あんまり言いたくなかったのだが
活動停止時の理由をここにきて各自に理由を伝えるのがめんどくさくなり
簡単に記しとく。
 
新規デザイン仕事やくだらないギターバック仕事で
ここ何年かないほど えらくストレスを感じてた時期だった
夏の暑い日に救急車で搬送され
血圧血糖値等数字的には正常 検査の結果 循環器の病気ではないかと判明
一度目の緊急手術でめったにない循環器の病気(心筋梗塞ではない)が発覚し
手術は中断。
でいきなり生存率3割 7割方死ぬと言われたんだな 
それも明日の夕方にはって。
そんな訳で家族も一番心配してくれたメンバーの中村さんもシリアスな状況におちいってしまったんだよ。
心筋梗塞だったらまだ良かったのにとそのときは感情的になってた
もちろん余命宣告もされた。そりゃ そんなこと言われれば 禁煙って言われても煙草だって吸いたくなる。
医者に訴えたもんな だったら煙草吸わせろって


幸い 二回目の手術で
日本ではここ二年前からはじまった施行例のあまりない 失敗(死亡)の確率の高い手術をして
なんとか成功 今こうして生きてるわけだ 
担当医がイケイケの若いやりたがり的な方でこいつに殺されたくねぇなと思いながら
予後実績はまだ確実に例がなくあと何年いきられるか的見本の手術をしたわけ 
歌なんか一生歌う事はその頃は出来ないと思ってたぞ。


偶然にも数ヶ月前に同じ病院で大病で入院手術をした石井明夫さんとの
縁も感じるが 彼の歌が好きなんだよ 実に。
退院後 リハビリをかねて彼と少しだけ何度かツアーをした
死ぬかもしれないけどまぁいいっか的な開き直りで歌も歌い始めた
以前の調子には戻らなくとも
なんといっても音楽がまた出来るのがうれしかったし石井明夫と一緒っていうのも最高だったんだ。

ダサイ事いうと
こう見えてマンダムで歌を歌うのはいつも全力だ 手をぬいたことなんぞ一度も無い
自身の無い才能とリスペクトするメンバーとの鍵は全力でしかないのもわかってるし
普通にかんがえれば あたりまえのことなんやけどね。

現在は運動制限 旅行制限(飛行機 船 新幹線等)等がかなりあり体力はまだ戻らず
生活を単純シンプルに 食事は自炊 添加物無主体
体調優先故に人との交流はほぼ無くなったんやけど
すべてはここに戻るためでもある
声がかれようと へたくそだ つまんないといわれようが
デザイン含め最後まで作品をつくりたい。
いつも笑ってるんだけどなんでやろか俺。

しりつぼみの話になったんやけどね
コーキが来てくれる26日はさらにエー感じでうたうよ
これからも応援よろしく

最後に
みんなありがとう

カメ




いろいろあった_c0132052_12372254.jpg


1206の阿佐ケ谷天は水戸ブルームーズのマスター 榎ちゃんがゲストでドラム参加してくれます!
by nishinihon-mandom | 2015-12-06 12:40 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)

秋の徒然亀日記3

おこんばんわ カメです

どうしようもなく日々日々ライブ以外はデザイン事務所に籠もって
プライベートは音楽のみ 自宅に帰るのは機材を取りに行くのみ
という訳で若かけりゃそれなりに充実するってもんですが
寝る時間を削って徹夜でライブはいつものことだったんだけんど
さすがにその後のダメージが歳とストレス性体重増加とともに
どんどんストレスっちゅーもんを久々に自覚


秋の徒然亀日記3_c0132052_3183727.jpg

甲斐性はそれなりに人間の年齢にしては組み入れることはできたんですが
ストレスの解消ちゅうもんはなかなか難しくむずがゆく手に届きそうで手が届かない
昔を想い出してこうしてブログ連続投稿なんてしちゃってる自分もいるんですが
告知的な要素の体裁のいい文面にしづむ
解消なんてものは実は体力のいることだなんて気づく
さすがにやばいと夜な夜な散歩 
そしてバス停の椅子で腹筋100回 
こんなに腹筋出来るデブ そうはいないかも


空くと散歩 雨降る今日も散歩 神田川〜
秋の徒然亀日記3_c0132052_318425.jpg


金カネ金 に追われていやになっちゃった
あぁー禁断の昼から白ビール
秋の徒然亀日記3_c0132052_3183733.jpg

世の中の多くの人は人間関係や仕事で悩んだりするんでしょ
でも俺はそこんと4649的に全くなくてデザイン仕事嫌になること一度も無し
音楽も恵まれている気がする
やはり 廻らないカネによる不自由感 
フジーユーは大好きだけんど
東京に拘束されてなるもんか的お母さんにも君にもあいたいぜ抽象表現


早朝は高円寺を散歩
秋の徒然亀日記3_c0132052_3183630.jpg


北口のジャンクなカツ丼屋の広告を眺め
長野に来れないドラム教室をはじめた伊藤孝喜思い描いていたら急に
「突撃!隣のバンドマン!」と例によって常日頃からくだらないゴロ合わせ的リリックな癖が
頭に浮かび すぐ様ネット検索 
残念ながら既にそのようなバンドがあり そうかここはコーエンジ GO AND 自慰
「毒舌!隣のバンドマン!」とニヤリ


そんなわけで今夜から長野へ行くのです
楽しむ所存です
では アディオス!

カメ
by nishinihon-mandom | 2014-10-24 03:41 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)

秋の徒然亀日記2

秋の徒然亀日記2_c0132052_2257493.jpg



最近は遊ばず呑まず喋らずデザインデザインで神楽坂飯田橋にいやすというか住んでます。
たまの散歩が癒されます はい。



そんなおり ブルース界イチのロッキンヴォーカル&ハーピストのTK横内さんから
緊急要請がかかり出動

秋の徒然亀日記2_c0132052_2258162.jpg

TK(vo.hrm) 小西リュウタロウ(ds) 稲垣ヨシキ(key) 尾町英司(b)カメ(g)

出会って15分後に初見試合。
ドラムにヒルビリーバップスのリュウタロウさん 
クリスタルキングにいたヨシキさんと初めての先輩方ばかり 
NY在中でロバートフラックのバックベーシスト尾町英司さんのグルーヴが
半端なく久々に鳥肌立つぐらいびっくりしました。いやぁすごかった、
こちとら思う様に指動かず(笑)
ハートも最高な方達ばかりでした
練習しとくんでまた誘ってくださいませ!

カメ
by nishinihon-mandom | 2014-10-18 23:04 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)

秋の徒然亀日記1

秋の徒然亀日記1_c0132052_22402922.jpg

photo by 橋本和也



十代から生粋の大ファン
今年二月に亡くなった十代からのバンド仲間と一緒に
サウステュサウスに夢中だったんだ
おかげで当時僕らはサウスみたいなことやってる若いバンドがあるって
少しだけ注目されるようになってデビュー直前で解散はしたけど
サウスがあったから僕らがそこまで行けたのは間違いなかった

高円寺をはなれここ3年は疎遠になっていましたが
散々散々呑んだこと 一緒に演奏できたこと 説教されたこと笑
やむえず断りましたがバンドに誘われたこと 
やさしくてきびしいことばかりいわれたこと でもうれしかったこと 
今だからいえるけど二人で泣いたこと 俺の40年前のガソリン臭い旧い車に乗ると
「おれすきやねん」とガソリン呑みたいといつもいってたこと 
朝まで音楽の話はいつもつきなく16や32でリズムをとらないで
「円にして丸くとれ」とビートルズ談義まじえて目から鱗のことばかり
ほかにもこの若輩者に対していろんなことを教えてもらいました。
最後がサウスなんてかっこええ

またどこかで!  
裕さんほんまありがとうございました。

ずーとファンです

秋の徒然亀日記1_c0132052_22491241.jpg


秋の徒然亀日記1_c0132052_2251045.jpg

by nishinihon-mandom | 2014-10-17 22:51 | フィンガーテク(カメ) | Trackback | Comments(0)